歯を治療して、美しい歯とスマイル美人になろう

維持するには

歯科へ行って手入れ

白い歯、というのは誰もが憧れるもの。そのため、歯科に行ってホワイトニングを受けて白い歯になることができたら、この状態をできるだけ保っておきたいでしょう。
しかし、歯の汚れはいつの間にかついているので、「どのようなことに気をつければ、綺麗な歯を保てるのだろう」と悩んでしまうでしょう。
実は、ちょっとしたことに気をつかうだけでも、ホワイトニングで得た白い歯を維持することができます。

歯磨きを怠らない

短いスパンで行くのではなく、定期的に歯科へ行って歯を手入れしてもらうことで、歯の汚れを綺麗にしてもらえます。
手入れをするのとしないのとでは全然違ってくるので、ホワイトニングした後の白い歯を保ちたいのであれば、歯科で手入れをしてもらいましょう。

色の強い食べ物

歯をホワイトニングしたことで綺麗な歯になれた、ということもあり、「ちょっとぐらい歯磨きをサボってもいいだろう」と、歯磨きを怠ってしまう人がいるでしょう。
しかし、歯磨きを怠ってしまうと黄ばみなどが歯に付着してしまい、白い歯がどんどん黄ばんでしまいます。
それを防ぐためにも、歯磨きを怠らないようにしましょう。

麺類の中でも好む人が多いスパゲティや、春夏秋冬どの時期に食べても美味しいカレーは、ふとしたときに食べたくなるでしょう。
しかし、これらの食べ物はどれも色が強い食べ物です。これらを食べた後何も手入れをせずにいると、色が歯に付着してしまい色がつきやすくなってしまいます。
そのため、色の強い食べ物を食べた後は、歯磨きをしてケアするようにしましょう。

↑ PAGE TOP